中古車買取vs下取り 【5000円損する人、高く売るコツ】


  



車種カテゴリのマッチした買取業者が見つかる一括査定4社

ズバット車買取比較.com

ズバット車買取比較.com 一括査定に参加している100社以上の中から条件や申し込みエリアに応じて査定依頼が可能。もちろん、値段が折り合わなければキャンセルOKだ。

ラビット、カーセブンはもちろん、中古車買取の最大手ガリバーが参加。一括査定を通して、他社と競合させた場合のガリバーの査定額をチェックしたい場合はズバットがオススメだ。

独自の流通ルートを持った業者も参加。当然、車種カテゴリとマッチした業者を探す場合も有利だろう。ローンが残っているクルマでももちろんOKだ。



カービュー

カービュー 国産、輸入車、トラック、重機など種類を問わずに申し込み可能。事故車、不動車専門の買取業者も参加している。

申し込む地域によっては、ズバットとは若干、顔ぶれが違うので、より幅広く色んな業者からのアプローチを待つなら、複数の一括査定サービスを併用したい。

とは言え、あまり多くのサービスに申し込んでも、業者への対応が面倒だ・・・という場合は、カービューとズバットだけで十分だろう。元・ディーラーマンの筆者的にも、正直、2社だけは念のためチェックしたいと思っている。



カーセンサー.net

カーセンサー.net リクルートが運営しているので安心感はあるが、参加している業者数はあまり多くない雰囲気。もしかしたら多いのかもしれないが、正直よくわからなかった。

ただ、【査定額アップの為のお手軽テクニック54】などの読み物は、クルマを売るときの基本テクを知らない人は一読しておいた方が良いだろう。

年式やボディカラーだけではなく、買取業者を選ぶ・・・という視点で書かれたコラムが白眉だが、筆者的にはサブ的な位置づけ。やはりメインはズバットかカービューを推したい。



楽天オート

楽天オート カーチス、ラビット、アップル、ハナテンといった定番の中古車買取企業は揃っているものの、参加企業リストにガリバーの名前がないのが惜しい。

個人的にはズバットとカービューだけ押さえておけば良いと思うが、地域によっては入札してくる業者が少ない場合もあるので、必要に応じて、サブ的な位置づけで利用したい。

ただ、楽天会員IDがあれば、買取成立で5000ポイントが付与される。これにより5000円高く売れたのと同じことに。楽天会員なら迷わず利用したい。







中古車下取りの裏側

実は、ショップの下取りには、あまり高く買い取れない理由があるんです。
下取りされた中古車は、例えば、自社系列のショップなんかに売却 (いちおう別会社なので転売) するんです。

一般的な中古車相場を考えると、そんなに高く売ることは出来ないわけですが、
でも、その間、発生する整備工賃やら保管コストなんかの経費に加え、ちょっとは儲けも乗せたい。

じゃあ、どうするか?
・・・となると、そもそもの下取り価格を渋めにせざるを得ない・・・というワケ。。

自社系列店で販売できない、他メーカーの車種の場合、オークションに流すんですが、これだと、さらに下取りは抑えとかないと・・・てな具合。(市場に出るまでに、もう1社余計に間に入るんだから当然ですな)

じゃあ、中古車買取の専門店ならどうか?・・・っていうと。。
判り易い例を上げると、全国展開してるような大手の買取専門店って、自社で直販して、利益を出したりしてます。つまり、買い取ってそのまま売るんだから途中に余計なマージンが発生しないってわけ。

でも、これだけじゃ、その会社の独断で買い叩かれる恐れもある。そこで、複数の業者の査定額を競わせて、1番高い買取価格を提示したところに売るというのがクレバーな戦略。

こういうのを簡単にできるのが一括査定サービスというもの。特に、ズバットや、カービューあたりは参加している業者も多いから、より有利な買取価格を引き出すのに好都合ではあります。

もちろん無料で利用できるし、値段が折り合わなければ、売らなくたってイイわけだから、
いくらかでも中古車を高く売る気があるなら、使わない手はないですな。